マザープラス

ママのプロジェクト
マルシェドママン
咲ママStory
募集案内・レポート
プラスワーク
Motherplus Magazine
 

MAMA INTERVIEW

森育子さん
キャンドルアーティスト

家族とともに成長する自分に♪

> 憧れの実現に向けて
キャンドル作家になったきっかけは、パート勤めの傍ら、興味を持ったキャンドル・アロマ・石鹸作りを学びに行ったことでした。
学んでいくうちに、どんどん手に職をつけることへの意欲が強くなりました。
どれも楽しく学ばせて頂き、当時学んだ事は今も活動のベースになっています。
各教室の先生方ほとんどが子育て中のママや妊婦さんでした。
皆さん共通してとってもキラキラしていました。
中学校からずっと女子校に通っていた私は、女性の自立について先輩方のお話を聞きながら学生時代を過ごしました。
その影響もあり、学生の頃から女性の活躍、自立には憧れがありました。
学んでいる中で、その憧れを思い出すと同時に、実現していくタイミングがフッと突然やってきたといった感じでした。

その中でも、キャンドル作家になったのは幅広い活動をイメージできたからです。
しかし、はじめから順風満帆だったわけではありません。
SNSのフォロワーさんもゼロスタート、イベントではお客さんがいつも来てくれたわけではありませんでした。
ですが、はじめになりたいと憧れた自立した自分を実現するために諦めずコツコツと継続してきて今に至ります。
> より良い作品作りを目指して
いつも作品作りで心掛けていることがあります。
技術や固定概念に囚われず、自分が良い!と思えるものを作ること。
お客様が何を望んでいるかを常に考えながら制作することです。
そのために関西各地の手作り市や百貨店催事、また雑貨屋さん等に足を運び、色んなジャンルの作品を見るようにしています。
そこから新しいアイデアや課題が見つかるので、毎月必ず行くようにしています。
> ママ作家として初めての出店
私の初めてのイベント出店は2016年6月でした。
私自身育児中のママでしたし、沢山のママがイキイキと好きなことをお仕事にされSHOPを開かれている場に『私も参加したい!』とワクワクしながら参加申し込みしたことを今でも鮮明に覚えています。
初出店当日はとても緊張しました。誰もお客さんが来なかったらどうしよう…。
ですが、初出店当日は息子がそばにいてくれ、『お母さんがんばれ!』と何度も言ってくれて、頑張ることが出来ました。
初出店後は迷いや不安がなくなり、意欲的に出店するようになりました。
> 私の活動拠点
活動は主に関西の手作り市、委託販売、ネットショップ、百貨店や商業施設への出店販売などです。
また、ワークショップ講師、東大阪市の自宅でキャンドル教室もしています。
> 夢を叶える為に
私の夢はキャンドルを中心に香りや癒しアイテムを揃えた真っ白なお店を持つことです。
今はネットショップやイベント出店が主ですが、いつか叶えたい夢です!
夢を叶える為に、興味のある事にはこれからもドンドン挑戦していきたいと思っています。

森育子さんキャンドルアーティスト

1981年大阪府東大阪市生まれ
日本キャンドル協会認定キャンドルアーティスト

その他のインタビュー

-->