マザープラス

ママのプロジェクト
マルシェドママン
咲ママStory
募集案内・レポート
プラスワーク
Motherplus Magazine
 

MAMA INTERVIEW

西﨑 薫さん
株式会社日本トリム CS事業部勤務

> 仕事と育児のはじまり。
育児休暇が終わり、職場復帰をしたのが今年の4月。
子どもが10カ月の時でした。

仕事がおわり保育園に子どもを迎えに行くと子どもが拗ねていて顔を覗きこんでもプイっと横を向いてしまい、家に帰ってからは甘え方がいつもよりひどくなり泣き続けていました。
断乳はせず仕事から帰ってきてから母乳をあげて寝かせるという毎日。
子どもの精神的ケアも考えて断乳はしませんでした。

最近は子どもも私もだいぶ生活が落ち着いてきたところです。
> 家事と仕事の両立で気づく周囲への感謝
仕事が終わって家に帰るのが19時30分ごろ。
家事との両立はかなり大変でした。

できるだけ家のことはきちんとしてほしい!という主人と一時はよく喧嘩をしていました。
主人と話し合いをし家事と育児そして仕事の両立を「これはできる」「これはできない」と分けることにし生活を切り替えていきました。
話し合いをすることによりお互いストレスをためずに生活ができるように改善しました。

急な保育園のお迎えなどは母に協力してもらっています。
現在の職場は女性が多いということもあり、皆さんとても協力的でとても良い環境でお仕事をさせていただいてます。

家族のサポートだけでなく、職場の人にもサポートしていただいていて働くことにより更にまわりの方への感謝の気持ちが強くなりました。
> 働くということ。
独身時代から結婚して子供が産まれても働きたいという気持ちがありました。
大学時代に2年間海外で勉強したことと親に出してもらった高い学費を無駄にしたくないという思いからだと思います。
また十数年前の当時でも、海外では女性が結婚、出産しても働き続けるのが当たり前なのだと感じ、漠然と自分もそうなるものだと思っていたのかもしれません。

産休のときは今までと全く生活が違って外にでるのがおっくうだなと思う時期があったんですが、外にでて働き、いろんな人と接することで気持ちが若くいられますし、
目標をもってがんばろう!という気持ちを思い出しました。

子どもとずっと一緒にいると煮詰まったりするので、リフレッシュするために働いていると子どもにも、主人にもストレスをあたえずにいられるんじゃないかと思います。

実際に子どもができてから働くというのはとても大変なことですが、働くことによって子どもと一緒に過ごす時間が以前よりも充実しているように感じます。
そして自分自身が優しくなれたような気がします。

働くことで収入も安定するので、子どもの習い事や将来留学したい!といわれたときなどいろんなことにチャレンジできる環境づくりをしたいと思っています。

10年後もお仕事は続けていきたいと思っています。
> 美味しいお水を飲んで健康維持をしながら働ける会社
日本トリムという会社に勤務することによって「電解水素水」という体にとても良いお水に出会え、風邪をひきにくくなったりなど、健康を維持しながら働けています。
そういう商品を扱う会社に勤めていることに喜びを感じています。

仕事自体もルーティーンになってしまったら部署また会社として成長していかないので、もっともっといいものが生まれるよう頑張っていきたいです。

イベントなどにも積極的に参加し、たくさんの人に「日本トリムの電解水素水」ってこんなにいいお水なんだ!ということを特に子育て主婦の皆さんに広めていきたいです。

> 株式会社日本トリム
■本社 〒530-0001 大阪市北区梅田二丁目2番22号 ハービスENTオフィスタワー22F
TEL:06(6456)4600(代)

■従業員数387名(関連会社等を含む)

■事業内容
◦家庭用電解水素水整水器及びカートリッジの製品開発及び販売
◦医療(血液透析)用整水器の製品開発及び販売
◦ボトルドウォーターの製造販売
◦電解水素水の研究開発

・日本トリムURL http://www.nihon-trim.co.jp/
・Trim town 知る楽しむトリムウォーター http://www.trimtown.jp/
・日本トリムブログ http://www.trimstaff-blog.jp/

西﨑 薫さん株式会社日本トリム CS事業部勤務

株式会社日本トリム CS事業部

勤務7年目で出産。
育児休暇をとり2013年4月に仕事復帰。

現在1歳2か月の女の子の母

その他のインタビュー

-->