マザープラス

ママのプロジェクト
マルシェドママン
咲ママStory
募集案内・レポート
プラスワーク
Motherplus Magazine
 

MAMA INTERVIEW

奥谷優子さん
お菓子職人

地元西宮でのcafe mokuオープンを目指し日々活動中です。

> 飲食の仕事に携わり10年が過ぎました
最初の3年はサービスのみでしたが、店長を任されたお店で自分のカフェを持ちたい!!と思ったことがきっかけで料理を学び始めました。
> 独身時代
独身時代は色々な飲食店に食べに行ったり、長い休みがとれると、友達と海外に行ったりしていました。
結婚が決まり、これが最後だと思い一ヶ月間一人バックパーカーでヨーロッパに行きカフェ巡りをしたりもしました。
> お菓子作りのきっかけ
お友達が出産後たまご除去生活を送っていたときによく差し入れていた卵やバターを使わずに作っていたお菓子が目にとまり、色々なイベントに声をかけてもらうようになりました。
結婚し長女を出産したのをきっかけに、お菓子の見た目や美味しさと同じくらい、中身も大切だと感じるようになり素材にこだわったお菓子作りをするようになりました。
私の作ったご飯やお菓子を食べる夫や娘がにこにこしてくれることが毎日の幸せです。
そんな家族の顔を見て私もにこにこ幸せな気持ちになります。
食べるとにこにこ幸せになる、それを見て周りも幸せな気持ちになる、そんな小さな幸せを少しづつ広げて行きたいです。
> 将来の夢
家族や友達の協力の元、地元西宮でのcafe moku オープンを目指し日々活動中です。
現在は京町堀にある刺繍雑貨eimiにてmokuとしてお菓子を販売しています。

奥谷優子さんお菓子職人

1980年生まれ。
兵庫県西宮市出身。
短大服飾学科卒業後、レストラン、カフェなどの飲食店で働く。

その他のインタビュー

-->