マザープラス

ママのプロジェクト
マルシェドママン
咲ママStory
募集案内・レポート
プラスワーク
Motherplus Magazine
 

MAMA INTERVIEW

片岡えみさん
Smile + ~スマイルプラス~ 代表

赤ちゃんとの生活に笑顔の魔法をプラス!! Smile + ~スマイルプラス~

> なぜ、泣いているの?
妊娠前にテレビでベビーサインを知り「赤ちゃんとお話ができるなんてすごい!!」と感動し、子供が産まれたらやってみたいと思いました。
その後、妊娠、出産をし、初めての子育ては想像以上に大変なことが多くありました。

子育てをしてみて大変だと感じたことの1つが、赤ちゃんがなぜ泣いているのかわからないということでした。

そんな時にベビーサイン体験会のチラシを目にして参加しました。
その日からベビーサイン育児をスタートを見よう見まねで始め、教室にも通いました。

その時に出会った親子さんがたくさんのベビーサインでコミュニケーションを取られているのを見て
「もっとたくさんのベビーサインを使って息子とコミュニケーションを取りたい」と思うようになりました。

たくさんベビーサインでお話ししてくれる息子との時間は驚きや笑いの連続で、とても楽しい時間になりました。
教室に通ううちに、ベビーサインアドバイザーの資格を取らないかとお誘いを受け、講師育成を受けたら息子や子育てに悩むママ達に、もっと教えてあげられる!!と講師の資格を取りました。

> 絵本の世界のような写真
ベビーサイン育児をして、たくさんのベビーサイン講師の方とも出会うことが出来ました。

ベビーサイン講師には、ベビーサイン以外の資格を持ってらっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。
その中で私が興味を持ったのは「ベビードリームアート」でした。

ベビードリームアートとは、お家にあるものでデコレーションして、赤ちゃんをねんねさせて撮るアート写真のことです。

初めてベビードリームアート撮影会に参加した時は「絵本の世界みたい」と感動しました。
ベビードリームアート協会のコンセプトも「赤ちゃんが絵本の主人公のようなアート写真」
私が撮影会の時に感じたこと、そのものでした。

物作りが好きなこともあり、すぐにインストラクターになりたいと猛アプローチしましたが、その頃大阪では、インストラクター育成をしていませんでした。
アプローチの甲斐があったのか、ベビードリームアートインストラクター育成が大阪で行われることが決まり大阪1期生として受講しました。

ベビーサイン講師、ベビードリームアートインストラクターの資格を立て続けに取りました。

日々の生活に笑顔をプラスするお手伝いをしたいという想いと、名前の「えみ」から「笑み」→「Smile」ともじり、
赤ちゃんとママの日々の生活に「片岡えみ」をプラスすると笑顔の魔法をかけます!!という気持ちを込めて、

赤ちゃんとの生活に笑顔の魔法をプラス!!
Smile + ~スマイルプラス~
というキャッチコピーと屋号を付けました。
> ママが楽しいと赤ちゃんも楽しい
ベビーサイン教室もベビードリームアート撮影会も、赤ちゃんはもちろんですが、ママが楽しんで来ていただけるようにと考えています。
ママが楽しんでいる姿は、赤ちゃんも楽しいと感じてくれる。
ママに楽しんでもらうには、同じママである私自身が楽しむことが大事かなと思っています。
お仕事の時だけではなく、私自身の人生で笑顔は大切にしています。

教室は、現在、東大阪市、八尾市を中心に、奈良などでも活動をしています。
出張でベビーサイン教室、ベビードリームアート撮影会をすることもできます。
> 赤ちゃんとの生活が楽しくなるお手伝い
ベビーサイン教室、ベビードリームアート撮影会を通して、赤ちゃんとの生活がより一層楽しく笑顔あふれるものになるお手伝いを出来たらと思っています。
私の教室や撮影会が赤ちゃんとママが気軽に来れる場所、お友達を作れる場所になればと思っています。

片岡えみさんSmile + ~スマイルプラス~ 代表

★日本ベビーサイン協会認定講師
★一般社団法人ベビードリームアート協会認定インストラクター
★UN-DECORロゼット養成講師
《UN-DECORロゼット ワークショップ・講師養成講座はご依頼をいただいた際に開催》


■講習実績
八尾市光南町 夢叶サロン Kiraraにてベビーサイン教室開講
小阪産病院 イベントにてベビードリームアート体験撮影会を開催
東大阪市 西石切町老人会館にてベビードリームアート撮影会開催

■ブログ
http://ameblo.jp/emi-smilebaby/

その他のインタビュー

-->