ママのプロジェクト
マルシェドママン
咲ママStory
募集案内・レポート
プラスワーク
Motherplus Magazine
 

SAKU MAMA

元気に活躍する
輝くママたちに
インタビューします

MAMA INTERVIEW

安野まどかさん
イラストレーター

> OL をしながら
仕事先で色々な夢を追いかける人を見て、「いいな、私もやりたかったのに、やれていない夢があるな」と思いました。
絵を描くことが好きだったことを思い出し、絵を描き始めました。
自由に描いているうちに、お仕事として、チラシの挿し絵をお願いされるようになりました。
> 子どもが産まれて
出産を経験し、母になり、子育てが始まりました。
今まで味わったことのない感動や悩みに次々出会う中、その気持ちを紙に残しておきたくて再び絵を描き始めました。姉妹がまだ小さかった頃は、私が絵の具を出してくると大騒ぎになってしまう為、子供が寝静まった夜にひとり黙々と作業することが多く、夢中になり過ぎて体調を崩してしまう悪循環に陥りました。
これでは本末転倒と、暫くは子供最優先の生活リズムを徹底しました。
> 子どもが大きくなって
下の子も幼稚園に入り、現在はみんなで一緒にダイニングテーブルに画用紙を広げて絵が描けるようになりました。
目の前で日々変わっていく絵を見て一緒に喜んだり、感じた事を言ってくれたり、時には厳しい意見が出ることもあります。
失敗して落ち込んでいると、励ましてくれることも。そんなときは素直に背筋が伸びます。
> 続けて行きたい
目標や目指すものは、決めていないのですが、これから先にどんな未来が待っているか楽しみに描き続けて行きたいです。
そして、イラストレーターとしてお仕事出来たら良いなと思っています。
これから何か始めたいと思っているママには、焦らないで、時が来たら自然になるようになることもあるのかなと思いますので、今のゆっくりした時間を大切に過ごして欲しいと思います。

安野まどかさんイラストレーター

イラストレーター
最近ではウエルカムボードも手掛ける。2児の母。

その他のインタビュー

-->