マザープラス

ママのプロジェクト
マルシェドママン
咲ママStory
募集案内・レポート
プラスワーク
Motherplus Magazine
 

MAMA INTERVIEW

津村 綾子さん
茨木市ポーセラーツ教室 flancciel フランシエル主宰

> たくさんの方々が出会える場所に
小さい頃からデザインしたりお洋服をコーディネートしたりするのことが好きでしたが、大きくなって選んだ仕事は現実路線の看護師。

独身の頃は勤務形態がどれだけ複雑でも良かったのですが、出産後はその複雑な勤務形態を優先できない難しさを感じていました。

娘が幼稚園に上がるタイミングで自宅でもともと好きなデザインの仕事に携わりたい、好きな事を通してたくさんの方々が出会える場所になれたらと思いポーセラーツ教室を準備スタートしました。
> 作品への思い
自分が好きな色や好きなテイストを常にイメージをしておく。
作品作りはこれだ!と思えるまで焦って作り終えないことです。ベストコンディションで無理しないこと。
> 一期一会に感謝
最初は右も左も分からず、お教室の予約も入らない日々が続きましたが、カフェでのイベントレッスンを定期的に行い、お教室の存在を知っていただくために活動を行いました。

そこから、tukuruというイベントで初めて出店した際に、阪急百貨店のバイヤー様から素敵なイベントに声をかけていただけ道が開けていきました。

その後すぐに雑誌掲載や、商工会議所様の冊子にご紹介いただいたりと、フランシエルがどんどんとお教室の形となっていきました。

その次のハピママフェスティバルでワークショップにご参加いただいた方の8割がその後お教室にご入会下さったり1つ上手くいき始めるとどんどんと素敵なお話が舞い込んで来ました。

ただ、その中で決して忘れていないことは、出会う方々と一期一会であるとゆうこと。そのことを念頭に置いて、どれだけ短い時間であっても出会いに感謝して接するようにしております。
> 悩みに寄り添っていきたい
1年で拡大し茨木市の自宅教室でお教室運営をこなしたことについて周りの生徒様や色々な方から相談や質問されることが多く、これからお教室開講または、お教室運営がうまくいかないなど悩みのある方々にお話する窓口を作りサポートしてみたいです。

津村 綾子さん茨木市ポーセラーツ教室 flancciel フランシエル主宰

大阪府茨木市在住

・日本ヴォーグ社認定 ポーセラーツインストラクター
・ラッピング協会認定 ギフトラッピング認定講師
・一般社団法人 MstyleLuxe認定講師
・カフェミナージュ認定講師

その他のインタビュー

-->