マザープラス

ママのプロジェクト
マルシェドママン
咲ママStory
募集案内・レポート
プラスワーク
Motherplus Magazine
 

SAKU MAMA

元気に活躍する
輝くママたちに
インタビューします

MAMA INTERVIEW

彈正原 由紀さん

> 異色の経歴
この仕事を始めたきっかけは…
若い頃、松竹芸能で漫才師をしていた私は、ライブ活動やレポーターなどさせて頂いていました。

結婚し長女の産休中。じっとできない私は「子育てに悩むのはみんな同じ、様々な悩みがあるけれど、どうせなら楽しく子育てをしていこう!!」
と思い、通信教育で『チャイルドコーチング』を取得しました。
しかし、通信教育では満足できず、さらに実践も学びたいと『プレシャス・マミー』の講座を受講しました。
ここでは子育てに活かせるコーチングを学び、「声のかけ方」や「質問する」「承認する」「聴く」の大切さを知りました。

その後、礼儀作法の講師の祖母の影響で作法を勉強しました。
そこで、「作法」や「マナー」と言う素晴らしい日本の文化を子ども達に伝えていきたいという「夢」ができました。

息子が2歳の超イヤイヤ期、毎日保育園のお迎えが億劫でした。

私は普段から仕事・家事・育児に追われる中でも「食事の時間」をとても大切にしてきました。
ある時、なんでも「イヤ!」の息子が、1つ上の姉のマネをし、2歳からお箸を持ち出したのです。
「食事中」は親子の会話を重視し、楽しい時間にするよう様、食事のおいしさ・ありがたさを伝えてきました。

「声のかけ方」ひとつで、食事中が楽しい親子のコミュニケーションの場になるのです。
子育て中の皆様が抱える「ご飯中が1番イライラする」と言う、このあるあるを解消したい・伝えたい!と思いました。
> 食事中がチャンス!!
「ママとキッズのマナー教室」にて講座を開講し、お子様には「スキル」を、保護者の方にはお子様へ
「"できるようになる"声のかけ方」をお伝えし、おうちでも実践できるよう努めています。
毎日バタバタしておりますが、子どもとは「食事中」はチャンス!!だと思い、コニュニケーションを取り、日々成長を実感しています。
仕事も自分の講座も子育ても、とても充実した毎日を送り楽しく生きています!!

講座では子育てやお子さんに愛情たっぷりの方々との出会いがあります。
共働きも多き時代で、なかなか親子でコミュニケーションがとりにくい中
しっかり子どもをみておられます。
お箸の持ち方ひとつでも「出来ないこと」が「出来るようになった時」
「あぁ~、このお子さんの人生の1ページになれた~」と、これまた幸せ気持ちになります。
> サザエさんのような家族を増やしたい
私が得意とする講座は「食事のマナー」です。
美しいお箸の使い方やご挨拶等、お子様の一生の財産になると思います。
マナーと言うと堅苦しいイメージがありますが、ハードルの高さを意識せず、一緒に学ばせて頂きたいです。

「食事中」は唯一のコミュニケーションの場であり、感謝の気持ちを伝えることで、家族が笑顔で過ごす事ができます。
サザエさんのような家族が増えたら、もう感無量です。
> 一度しかない人生だから
皆さんそれぞれ伝えたい事があると思います。

思った時が始め時だと思っています。
思いが強ければ強いほど、それはみんなに役に立つことです。
思いとどまらず何事も挑戦する事が、生きている証拠です!

でもそれは1人ではできないのです。
"仲間や家族の協力"が、絶対条件だと思います。
私も最初は身内から「まだ子どもも小さいのに仕事ばっかりして~。子育て優先でしょ!」と言われました。
なので最初は絶対の私の応援者であり、味方でもある主人にしか話していませんでしたが、
私が頑張っている姿を見て、次第に協力者が増えてゆき、今では身内である叔父や叔母、妹家族も協力してくれています。
また外でも土曜日は保育園、日曜日は、大変ありがたいことにご理解いただき、子ども同伴で仕事させて頂く事ができるようになりました。

"1度しかない人生""今しかないこの時"
どうせなら好きな事して楽しみましょう!!

彈正原 由紀さん

キッズマナーインストラクター/プレシャス・マミー認定トレーナー

「忙しいなか読んでる暇ないよ!!
そんなお母さんだからこそ見て欲しい!」

「マナーはお子さんの財産になります」
キッズマナー講師
彈正原 由紀

今、読者登録頂くと!
マナーが身に付きやすい「10の項目」をプレゼントしています。

無料メルマガ
https://www.reservestock.jp/subscribe/86258

その他のインタビュー

-->