マザープラス

ママのプロジェクト
マルシェドママン
咲ママStory
募集案内・レポート
プラスワーク
Motherplus Magazine
 

SAKU MAMA

元気に活躍する
輝くママたちに
インタビューします

MAMA INTERVIEW

中村 充保さん
パティシエ

色々な方々と出会い、作る事の楽しさを共有することが私の夢です。

> ほんとうに好きなこととの出会い
高校を卒業してから、パン屋さんでブーランジェとして約2年、その後パティシ エとして約8年程働いていました。
当時は作る事が嫌いになるくらい忙しくて忙しくて、常に眠たい疲れ切った状態でした。

休みの日はほとんど一日寝て終わる。そんな生活を 続けている時に今の主人と出会いました。
がんばらないと、と常に疲れている私に主人は「辞めるという決断もがんばるっていう事やで」と言ってくれて、私は辞める事ができました。

その後転職もしたのですが、あれ程嫌いになったパンやケーキを作る事が、やっぱり好きだったという事に気づき、ずっと携わりたいと強く思いました。

今だから思えるのですが、あの頃学んだ事、つらかった事はとても大事な事で、あの苦労があったから今があると思えます。
> 自宅教室開業への道
結婚してからもパティシエとして働いていたのですが、お店が閉店する事になり、辞めなければいけなくなりました。
その頃、ふと目にした雑誌に、自宅教室開業のノウハウを教えてくれるスクールが掲載されていて、「これだ!」とすぐに決めました。

それからは時間をとりやすい仕事をしながらスクー ルに通い、野菜ソムリエの資格を取得し、少しずつ開業に向けての準備をしました。

周りの方々からたくさんのアドバイスを頂き、自宅教室 mano(マーノ)が誕生しました。
娘が産まれた今も生 徒様にはご理解を頂きながら レッスンをしています。

> 家族の時間も、仕事も大切!
巽さんと出会い、「ママでも色々できる!!」ことに気がつきました。
子供は自分のしたい事を邪魔するものだとしか思っていなかった私に、子供がいても色々できるという事を教えてくれました。お話を聞いたり、実際にママさん相手にレッスンをさせて頂くうちに、自然に自分も子 供が欲しいと思いました。結婚当時から子供はまだいらないと言っていた私が4年程経って子供が欲しいと 言ったら、主人はびっくりしてい ました


実際子供が産まれるとやっぱり自分の思い通りに時間はとれず、日中はすべて娘のペースですが楽しく子育てできていると思います。もともと妊娠した時は双子で妊娠中期に一人が亡くなった事もあり、産まれてきてくれただけで十分なんです。

マルシェドママンの出店は主人も手伝ってくれて娘と三人で楽し んでいます。
主に卵、バターを使わないアレルギー対応の酵母クッキー、自家製のレーズン酵母のパン、野菜を使ったスイーツなどを販売しています。

今は自分の好きな事ができるとっても幸せな日々を過ごしていま す。
家族をはじめ、周りの方々に感謝感謝の日々です。

これからは家族との時間を大切に。
その上でmanoのパンやお 菓子、お教室をたくさんの方に知って頂けたらと思います。
現在はお店に納品させて頂い たり、イベントで販売させてもらっ たりですがもっともっとたくさんの方にmanoのパンやお菓子を食べてもらいたいです。

中村 充保さんパティシエ

1979年10月生まれ
2006年より旦那様と2人暮らしをしています

甘いもの、寝ること、ぶらっと本屋に行くこと、
ゆったりとした映画を見ること、雑貨屋さん、陶芸
私の好きなことです。

2年間パン職人として経験を積み、その後はパティシエの道へ。
コンツェルト、キハチアンドエス、バースデイプレゼントで計8年間勤務
自分の経験をもとに、作ることの楽しさを多くの人に味わってほしい。
そんな思いで自宅の教室を始める事にしました。
教室を開くためのノウハウを教えてもらえるMAPLE KITCHENに通い、色々な事を学びました。

楽しくゆったりとした気分で通って頂けたら嬉しいです。
作る楽しさ、おいしいと思ってもらえる喜びを皆様に実感していただきたい。
色々な方々と出会い、作る事の楽しさを共有することが私の夢です。


【ブログ】http://ameblo.jp/mano-m/

その他のインタビュー

Copyright c 2008 - 2017 株式会社Motherplus .All Rights Reserved.