マザープラス

ママのプロジェクト
マルシェドママン
咲ママStory
募集案内・レポート
プラスワーク
Motherplus Magazine
 

SAKU MAMA

元気に活躍する
輝くママたちに
インタビューします

MAMA INTERVIEW

五十嵐 律子さん

女性をあらゆる角度からサポートしていきたいです

> 横浜~ドイツ~大阪へ
転勤族の夫と結婚し、長女を出産しました。知らない土地で知り合いもなく、夫は仕事が忙しく、実家も遠かったので子育ては孤軍奮闘でした。
一人で子育てをしていると社会との繋がりが希薄になった気がして、娘が2歳の時に週2日で働き始めました。
しかし、仕事の日に限って娘の体調が悪くなる…会社にも迷惑をかけるし、娘には申し訳ない気持ちになり、ひとりで涙を流すこともありました。
そんなやり場のない思いの中でふと、「私のように困っている働くママや、ひとりで子育てをしているママ達の役に立てないだろうか?」という発想が頭に浮かびました。
私もひとりで子育てをしている中で、不便に感じること、必要だなと思うことがいろいろとありました。
そこから、当時住んでいた横浜市のサポートシステムを登録し、お子様の送迎や自宅預かりを始めました。
同時に民間のベビーシッター会社で、シッターや産後のお母さん達のお手伝いをする産後ケアの仕事も始めました。
ベビーシッター、産後ケアの仕事をしながら、第2子、第3子を出産しました。
出産で仕事を休んでいる間に、子どもには自然な環境を与えたいとアロマテラピーのインストラクターの資格を取得しました。
そんな中、夫の転勤でドイツへ赴任することになりました。
ドイツでは専業主婦をしていたのですが、アロマテラピーの資格を活かすべく、駐在の奥様を対象にアロマテラピーやパーソナルカラーの講座を開催していました。
4年後、大阪へ転勤が決まりました。
> 今やりたいことをやってみよう
関西という初めての土地でしたが、周囲に助けてもらいながら、チャイルドマインダーの資格を取り、ベビーシッター、産後ケアの仕事にも復活しました。産後ケアの仕事に役立つのではないかと、産後のママの身体を癒せるように骨盤リンパドレナージュの産後ケアスペシャリストの資格も取得しました。

私が子育てと仕事を両立していく中で、「私は妻や母だけでなく、自分の人生を生きたい」と思いました。
もちろん、既婚女性が家事や育児を一番に優先することが大切なことだと感じています。
しかし、時間は有限で今という時間は今しかない…。
転勤族なので、大阪にもいつまでいられるかわからない等、不安は色々とありましたがやりたいことがあるなら、今やってみるべきではとの強い思いから、自身のサロンを立ち上げました。
また友人からの誘いで結婚相談所も開設し、独身女性やシングルマザーの婚活の応援もさせて頂いています。
いろんな角度から全ての女性がいきいきとした人生を歩めるお手伝いができればと思っています。
> 『恩返し』の代わりに『恩送り』
小・中・大と手のかかる子どもが3人、家事や学校行事、習い事の送迎などなどプライベートもまだまだ忙しくしています。
また色々とたくさんの仕事を持っているため、時間がいくらあっても足りないと思うこともしばしばあります。
家事を中途半端にして寝てしまったり、仕事も翌日に持ち越したり、子どもと向き合える時間も少なくなり、話が聞けないこともあります。
しかし、周りからたくさんの協力を申し出てもらったり、応援してもらったり、優しくしてもらえるとうれしい気持ちが原動力となり、活動の支えとなっています。
私が感じているこのうれしい気持ちを、孤軍奮闘で子育てをしているママ達にも味わって頂けるよう日々仕事に取り組んでいます。
産後ケアでお世話をさせて頂いたママから、週に1回の温かい食事を作ってもらったり、話を聴いてもらって心の支えになったとお手紙を頂いたり、産後、ヘルニアが悪化して寝たきりだった方からは一番つらい時に助けになったと言って頂いたりと、「この仕事をしていて良かった!」と心から思えました。
私の仕事は1対1で向き会う仕事です。その方が必要としていることを理解して、寄り添い、心から満足して頂けるサービスを提供していけたらと思っています。
そしてひとりとして、同じ環境の方はいらっしゃらないのでその時々に応じて、臨機応変に対応するしなやかさをいつでも持ち続けていたいと思っています。
私が子どもを産んでから、近所の人や友人にたくさん助けて頂きました。そこで受けた「恩」を誰かに返したい。
直接、友人たちの手助けになることをするのはもちろんですが、子育てが落ち着いた彼女たちに同じようにはお返しできません。だから、私も誰かを助けることで「恩」を返せたらと思っていました。
それを今、仕事を通して叶えることができています。
私が受けた「恩」をお客様へ
お客様からまた、ちがう誰かへ
そんな風にどんどんと「恩」が送られていったら、すごくうれしいことであり、世の中、明るくハッピーになると信じております。
> 女性が輝いた人生が送れる手助けを
今は自分ひとりの能力で仕事をしている部分が多いですが、いずれは多くの女性に自分に適した仕事ができるノウハウや場所、環境を提供していきたいと思っています。
これからの時代、女性も「自立」必須です。
独身、既婚に関わらず全ての女性が精神的にも経済的にも自立できたら、本当の意味で「自分らしく自分の人生を歩んでいける」そう思っております。
多くの女性が輝いた人生を送れるよう、私自身も試行錯誤しながら、色々な仕事を経験し、道筋を作り、それぞれに合った仕事のパターンを提供できる存在になれるよう頑張りたいと思います
> 何かやりたい!と思っているママ達へ
思い立ったらまず行動して下さい。何でもいいんです。その仕事をしている人に会いに行く、話を聴く、関連した本を読む、資格を取りに行くなどなど。
いつの間にか同じような志を持つ仲間に出会ったり、環境に遭遇したります。そういう方向に運命は流れていくと思います。「できないこと」を理由にするのではなく、小さいことでもいいので「できること」をしていって下さい。そう言った種を撒くことで遅かれ早かれその時が来たら、必ず芽は出ます。
私自身、20代独身の頃に取得したパーソナルカラーの資格をしばらく眠らせていましたが、10年後ドイツに赴任した時にパーソナルカラー診断をする機会に恵まれ、日本でも講座を開くことができました。

何かを必死に頑張って自分のモノにしたら機が熟す時は必ず来ます。

またもうひとつ大切だと思うことは生活のためのお金稼ぎではなく、自分の“楽しいと思うこと”“ワクワクすること”を実践して下さい。これに尽きると思います。

人生はどうなるかわからない。だからこそ、日々の生活を丁寧に大切に…。

五十嵐 律子さん

福島県会津若松市出身
転勤族の妻で3児の母
産後ケアスペシャリスト、チャイルドマインダー、AEAJアロマテラピーインストラクター等資格保有
2018年 『Magie du bonheur』を立ち上げ、女性をサポートするサービス、ツールを提供

その他のインタビュー

Copyright c 2008 - 2017 株式会社Motherplus .All Rights Reserved.