マザープラス

ママのプロジェクト
マルシェドママン
咲ママStory
募集案内・レポート
プラスワーク
Motherplus Magazine
 

SAKU MAMA

元気に活躍する
輝くママたちに
インタビューします

MAMA INTERVIEW

宮本明香さん
スクラップブッキング作家 プロダクトデザイナー

子どもへの想いを残していける最高の仕事

> 私にとってのスクラップブッキング
子どもが生まれて、写真を撮る事が増え可愛く残してあげたいな~と思っていた頃。友達が作っているアルバムを見て衝撃を受けました。色んな柄のペーパーに、可愛い飾りで写真を引き立たせその時の気持ちをジャーナル(記録)に書き込んでおく。『こんなに可愛いアルバム見たことない!』。それから夢中で作り始めるようになりました。
 可愛い我が子の写真に想いをはせながら、作っている時間はわくわくドキドキ。
出来上がった作品を家族で見ながら、あーだこーだと思い出話に花を咲かせる事が癒しとなり、毎日の育児に活力を与えてくれました。
 そのうち、もっと上手になりたい!という想いが芽生え、コンテストがあればチャレンジ。いつしか雑誌にも掲載して頂けるようになりました。活動の幅は、日本や海外のデザインチームとして作品を制作するなど、楽しい事がどんどん広がっていきました。
『主婦になってからでも、夢中になれるものがあるって幸せ!』そう感じることで、子どもとの時間もとても充実したものとなりました。この頃、次男を授かっていたので生まれたら兄弟写真いっぱい撮りたい~!と生まれてくるのを待ちわびなが穏やかな日々を送っていました。

そんな矢先、考えもしていなかった人生最大の悲しい出来事が起こってしまい。何も手に付かず毎日泣いてばかりの日が続きました。どう乗り越えていけばいいのかわからないまま、ただ毎日が悲しくて・・・。一時はスクラップブッキングもやめてしまおうかと思っていました。
 数ヶ月が経ち、無事次男を出産。病室で小さい手や足を見ていたら、“この子の分もちゃんと残してあげたい”と思うようになり・・・いつしかまた作れるようになりました。
色々あったことで、作る作品への想いの込め方が変わっていき、気づけば『写真整理』では無く、『想い整理』になっていました。『楽しい』→『上手くなりたい』→『想いを残したい』と変化してきた今が、一番感情のままに、気持ちのままに作れているような気がします。
私にとってのスクラップブッキングは、子どもが生まれてからの自分の歴史そのものです。
> 大好きなことが仕事になる
あるコンテスト優勝がきっかけとなり、スクラップブッキングを第一線で発信し続けている会社、メモリーパレットカンパニーさんより東京での講習会開催のお話を頂きました。
 スクラッパーなら誰もが知っている雑誌『ラブメモ』を出版している憧れの会社。
やってみたい!しかし、初めての遠方での仕事になる為、子どもを預けて行かなければいけない。何日も悩みました。だけど、チャレンジしたい気持ちが勝ち、母や家族に背中を押してもらえた事もあり、いざ東京へ。
 そこでは大勢の受講者さんが温かく迎えて下さり、皆さん真剣に取り組んで下さいました。『楽しかったです!』と喜びの声を沢山頂いた時、“自分でも何か伝えることが出来るんだ”と自信を持つことが出来ました。
それが私の転機となり、現在はメモリーパレットカンパニーのプロダクトデザイナーとして活動させて頂いています。
 東京・大阪を中心に講習会を開催、また全国の方にも講座受けて頂けるよう、プロジェクトをキット化して頂き、最近では製品の企画開発などにも携わっています。
> 仕事になっても変わらないもの
 趣味だったものが仕事になると言う事は、想像以上に色んなことがありますが、一つだけ変わらないのは、子ども想いを綴り続けられると言う事。新しいプロジェクトでも、サンプルでも、そこに使う写真は子どもばかり。作った作品は全て我が子への想いでいっぱいです。
 学校や保育園から帰ってくると、『ママ、今日どんなお仕事作ったん~?』と、喜んで見に来てくれます。作品を見ながら子供と話す時間は癒しの時であり、『仕事』になっても、変わらず続けていけるママの一つの愛情表現。それが叶うこの環境に毎日感謝しています。 
> 私の夢
スクラップブッキングは、想い出を素敵に飾れるだけでなく、“作る楽しさ”“見る嬉しさ”“残す喜び”を感じることが出来ます。
時には家族だんらんのアイテムになります。時には悲しみを癒す為の手段となります。写真をアルバムに整理するだけでなく、その思い出を鮮明に華やかに、その時の気持ちも一緒に添えて残していける、素晴らしいホビーです。
家族の歴史、自分の歴史を頭の中だけでなく、目に見える形にして残してもらいたい。作る事で生まれる幸せな気持ちを、沢山の人に体感してもらいたい。
 その為に、自分が伝えられる事を常に発信し続けたいと思っています。

宮本明香さんスクラップブッキング作家 プロダクトデザイナー

1979年生まれ。大阪府出身。高校卒業後アパレル業界へ。出産後スクラップブッキングと出会い、2008年より創作活動を開始。
2009~2011の間に、計7つのコンテストでグランプリを受賞。海外メーカーデザインチームとして2年間活動。
ラブメモ第6期デザインチームを経て、現在メモリーパレットカンパニープロダクトデザイナーとして製品デザインを手掛ける。東京・大阪を中心に講習会も開催。
男の子2人の母。

ブログ 【Gotta Scrap】 http://machu-gotta-scrap.blogspot.jp/

その他のインタビュー

Copyright c 2008 - 2017 株式会社Motherplus .All Rights Reserved.